.

草刈りを忍者が正しくするとこんなに違います!を実践してみた。師匠登場!

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

夏の時期になると必ず訪れてくる行事。
それが草刈り!

KUSAKARI!


放っておけばまるで森かのようにどんどん生えてくるあの雑草たち。それをズバッズバッと刈っていくのはどれだけテクノロジーが発展していってもしなければいけない仕事。

KUSAKARIIIII!!!!

ということで。

そんな草刈りをサスケがやってまいりましたでござる。
師匠も登場でござるよ。

湖南市のお祭りの為に、親水公園のクリーンアップ活動に参戦!


DSC_9029
今回は8月第一週の土曜日に湖南市最大のお祭り「湖南市夏祭り」が開催されるということで前週に会場となる野洲川親水公園のクリーンアップイベントに参戦したでござるよ。



DSC_9030
これだけボウボウの雑草を刈っていくでござる。



DSC_9037
朝7時前に続々と集まるボランティアの方々達。


DSC_9045 草刈機も準備万端!


おや、そこに一人だけ明らかに違う格好の人がいるぞ。


うむ、あれが今回の主人公であるサスケ、トシキ。



さあ、まだ涼しい内に草を刈っていくでござる。



DSC_9071


トシキ:時代は機械ではなく、手でござるよ!手!エコでござるしな。


DSC_9077

トシキ:ふふふーん、思った以上にザクザクいけるでござるな。楽勝でござる。



DSC_9074
トシキ:・・・・楽勝でござる。



DSC_9081
トシキ:(うむ、これ終わるでござるか?)

DSC_9095
トシキ:(本当にこれずっと手でいくの?)

DSC_9092
???:・・・・見ちゃおれん。


DSC_9100
???:トシキ、おいッ!トシキ。



DSC_9103
トシキ:し、、、、、師匠!ソノベ師匠!


ソノベ:草刈りは手でやるのではない。機械でやるのだ!


DSC_9107
ソノベ:これを使え、トシキ。手でやっていてはいつまでも終わらぬわ。
トシキ:なるほど!ようやくでござるな。

さてどうやればいいでござるか?

ソノベ:使い方は簡単!電源を入れて動かすだけでござる!


トシキ:よーーっし!いくでござる。





DSC_9116
トシキ:さあ突っ込んでいくでござる。



DSC_9117
トシキ:突っ込むでござる。


DSC_9122

トシキ:突っ込むべし。




DSC_9125
ソノベ:・・・・トシキよ。違うでござる。


トシキ:えっ?




DSC_9127
ソノベ:こうじゃ!動かすのだっ!

トシキ:なるほど!道理で全く刈れないと思ったでござる。使えん奴っ!と思ったでござる。


DSC_9130

トシキ:いえーーーーーい!



DSC_9131

トシキ:いえーーーーーーーーーーーーーーーい!


DSC_9142


ソノベ:あうとーーーーーー!それはまじあぶねえ。



DSC_9147
ソノベ:そうじゃない。横に振るでござる!それぐらいわかるでござろう!!


トシキ:やはり違ったでござるか。上腕二頭筋だけが鍛えられる機械かと思ったでござるよ。



DSC_9148
トシキ:さあ、いくぜーーー!いえーーーーーい!



DSC_9149
トシキ:シュイシュイシュイーンッ!動かすぜー!小刻みに動かすぜーーー!



DSC_9157

ソノベ:おい。



DSC_9162
ソノベ:違うっつーーーの!こう横で大きくしっかりと動かすのでござる!




DSC_9166
トシキ:・・・・ようやくでござるか。真面目にやるでござる。




DSC_9165
トシキ:はあ、やっぱり機械って楽。



DSC_9173
トシキ:ということでやはり草刈りは機械!手じゃダメ!時間かかるよ!ダメ絶対!
夏の時期になったらぜひ機械を!

それではさらばでござる。
(この企画の許可を頂いた関係者の方々ありがとうございました。ちなみにこの後しっかり草刈り行いましたでござる。)
(十分に安全に配慮したうえで行ったので、この修業は真似してはいけないでござるよ。)

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

45118