.

湖南市の弥平激辛サミットで辛さに耐えるでござる!忍耐修行でござる!

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

恒例の忍者修行しりーーーーず!

滝、手裏剣と続いて、次は「忍耐」の修行でござる。
しかもお口の中の忍耐でござる。

この修業の目的は「どれだけ辛いものを食べても平常心をもてること」でござる。

そんな修行に適した催し物が毎年湖南市の石部で行われるので、早速いってみたでござるよ。



東海道石部宿祭りと同会場開催!「弥平激辛サミット」へ!


湖南市には特産品として弥平唐辛子という魅力的な食べ物があるでござる。


そもそも唐辛子自体が辛いのでござるが、この弥平唐辛子。辛味レベルは100000スコヴィルという高いのか、低いのかよくわからぬ単位の辛さでござる。(正確には鷹の爪の2倍。)

そんな弥平唐辛子を題材に出店を募り、一位を決めるというのが弥平激辛サミットでござる。

2016年も多くの出店が出揃ったでござるが、1位を決めるということは全部購入しないとダメということでござる。


なので。。。。





みんなでいそいそと購入するでござる。


さてさて買いそろえたところで!!

いっただきまーす!もとい修行するでござる。





今回は藤川忍者と今村忍者が全種類食べるでござる。



食べ物シリーズで欠かせないのが藤川忍者(左)。そして「ワシ、辛い物にはめっぽう強いで。」ということで名乗りでた今村忍者(右)。


今村忍者:ちゅるちゅるーーー。





今村忍者:普通においしいやん。

藤川忍者:え、こんなに美味しいもの食べ続けてて大丈夫。辛いとかのリアクション必要ないっ?





 


もぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐ。

 






もぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐ。

 

 


今村忍者:(辛いというより量多い・・・・。)

藤川忍者:・・・・・・このまま行ったらただ美味しいだけの記事に終わってしまう。弥平唐辛子がアピールできないっ。

 

 

 


・・・・・・。

 

 


・・・・・・・・・・・・・・・。

まるごといっちゃう?


今村忍者:そうやな、このままやったらただ美味しくて辛いグルメイベントや。本当の弥平唐辛子の辛さも伝えなあかん。

藤川忍者:そうですね。じゃあひとまず拙者いくでござる。


がぶりっとな。









今村忍者:おいっ!!!


藤川忍者:んふーーーー!

 

 

 

 


藤川忍者:ああああーーーー!

 

 

 

 


藤川忍者:かーーらーーーーい!!!!!

 

 

 

 

 


今村忍者:またまた、言うてそんなにやろー。

辛すぎるやろっっ!!!

 

 

 

 

 

結果、一番辛かったのは弥平唐辛子丸ごとでした。

結果、弥平唐辛子を調味料として使用するとほどよい辛さで子供から大人まで食べられる美味しさだったのですが、丸ごとはさすがに辛すぎたようです。

100000スコヴィルですからね。


ちなみにその後二人の忍者は全部完食しましたとさ。

また弥平唐辛子は湖南市イオンタウン湖南内のここぴあで購入できます!

 

 

ここぴあまでのアクセス方法

所在地 滋賀県湖南市岩根4528-1
アクセス
JR草津線「三雲駅」下車 コミュニティバス「めぐるくん」で15分
JR草津線「甲西駅北口」下車 コミュニティバス「めぐるくん」で15分



ではさらばじゃ。

辛すぎるやろっっ!!!

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

45134