.

【きっと日本酒が好きになる!酒蔵見学ができる老舗蔵元・北島酒造に行ってみた】湖南市の隠れた名所を忍ばずお伝え

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

個性豊かな蔵元がたくさん存在している滋賀県。実は、湖南市にも老舗の蔵元があることをご存知だろうか。今回ご紹介するのは、創業文化2年(1805)の老舗蔵元・北島酒造さん。「御代栄(みよさかえ)」のお酒が特に有名でござる。

「SAKE」として世界に発信されている日本酒。同じく日本代表の「NINJA」として知っておくべき知識!ということで、今回は酒蔵見学に行ってきたでござるよ。



image41
JR草津線・甲西駅南口から徒歩5分とアクセスも良好でござる。



image65
「こにゃん市」とひっかけた「ニャン度でもお越し下さい」の看板を発見。





■雪の舞う中、北島酒造の酒蔵見学へ


【注意】酒蔵見学は、事前予約が必要でござる。予約時には「前日・当日朝には納豆やヨーグルトを食べない」など細かな注意事項が伝えられますので、しっかりと守るでござる。


image37
指示に従い、靴を履き替えて、透明なキャップを被るでござるよ。ただし、忍者の頭巾は、帽子と見なされたのでこのままでOKでござる。





image39

アルコールを吹き付け、手もしっかり消毒。

いよいよ見学開始でござる。


image14
—–日本酒の主な原材料は「米」「米麹」「醸造用アルコール」の3つ。醸造用アルコールを入れないと「純米酒」になります。日本酒のラベルに書かれている「精米歩合」とは、玄米の外側を削ったあとの残りの量のこと。例えば4割削った場合の精米歩合は60%。60%以下だと吟醸酒、50%以下だと大吟醸。ちなみに「大吟醸 御代栄」の精米歩合は、35%以下です。


精米後のお米→水に浸ける→蒸す→麹菌を混ぜる

これが、お酒づくりの流れのようでござる。


image38
image54

麹を作る部屋を覗かせてもらったでござる。



■もろみのタンクへ。

image28

次は、もろみのタンクの場所へ。


image52
—–アルコールをつくるために、必要な糖。しかし、米自体には糖がありません。そこで役立つのが麹菌。麹菌には、米のでんぷんを糖に変えるはたらきがあります。

ここでは蒸した米、水、麹菌を混ぜ、さらに清酒酵母を加えます。酵母が糖を食べ、その結果アルコールと二酸化炭素に分解される。そして、お酒が出来上がるというわけです。



image59

二酸化炭素が発生しているため、危険。匂いをかぐときも、手で扇ぐように確認。



image64
マスクをしているから、顔を突っ込まなければ大丈夫と言われたでござる。
こんなところでも忍者衣装が役に立つとは思わなかったでござるよ。

ちなみに。



image09
中はこんな感じでござる。



image45
テレビでよく見かける、酒づくりアイテムもあったでござる。





■吟醸・大吟醸がつくられている蔵の中へ


image16
120年以上前に建てられたという蔵。ぐるぐる巻きのホースの中に回っているのは冷水。発酵のときの温度上昇を防ぐための工夫でござる。

北島酒造さんいわく

—–人間も暖かすぎる部屋では、ぼんやりしてしまいますよね(笑)。温度が上がると酵母もぼーっとしてしまう。酵母は、生きるか死ぬかの境目、ちょっと生きるぐらいの状態が一番いい仕事をしてくれます。

とのことでござる。




image19
image49

ハシゴを上り、発酵中の様子を確認させてもらったでござる。




image56
部屋を移動後、最終段階へ。ここから全国各地においしいお酒が旅立って行くのでござる。

所要時間は、1回約15分程度。
人数が多い場合は、それ以上かかることもあるとのことでござる。





■酒蔵見学のあとは、楽しい試飲タイム!


image44
店内には、色々気になるお酒が置かれているでござる。


image33

猿飛佐助の純米吟醸酒に、1歳から飲める甘酒。




image15
タイトルが気になる・・・「酒は男を磨く水」



image21
立春が来ると、ラベルが「春」に変わるそうでござる。

しかし!
現代の忍者は車を運転するため、アルコールは厳禁でござる。



■忍者のサプリメント「甘酒」を試飲


image10
近江産の山田錦100%使用の甘酒。忍者をモチーフにしたラベルが可愛いでござる。しかも1歳から飲めるとは、なかなかやるでござるな!

では早速・・・





image53
トクトクトク・・・・






image30

マスクが邪魔で飲めないでござる!(お約束)


気を取り直して・・・・



image57
ん?んんん?




image30
あ。これほんとに美味しいやつ。




image29
最後の一滴まで飲み干せるでござる。
むしろ飲み足りないでござる。



image13
野村産婦人科の先生も推薦しているでござる。確かに、子どものうちから自然な甘さの食品に触れることは大事でござるな。



■酒蔵見学を終えて・・・・


image23
「実際に自分の目で見たり、匂いを嗅いだりすることで日本酒に対して興味が湧いたでござる。日本酒好きな人はもちろん、今まで日本酒に馴染みがなかった人も楽しめる場所だと思うでござるよ。」


■おまけ・北島酒造ミニ情報


1.補助犬同伴OK

image17
盲導犬・介助犬・聴導犬は同伴OKでござる。



2.麗しの滋賀建築賞

image12
味わい深い建物だと思っていたら、平成5年に「麗しの滋賀建築賞」を受賞しているでござる。




3.酒粕も販売中!

image61
酒粕も販売中。オススメの食べ方は「酒粕の天ぷら」だそうでござる。




■北島酒造のお酒を買いたいor贈りたいときは?


image67

北島酒造での直接購入の他、メール・FAX・電話での注文が可能とのことでござる。1本からでも発送可能とのこと。送料は、個別で問い合わせて欲しいとのことでござるよ。


北島酒造のお酒は、ここぴあでも好評販売中でござるよ!


北島酒造の詳細&アクセス方法

住所 滋賀県湖南市針756
Tel 0748-72-0012
Fax 0748-72-0124
営業時間 8:30~17:30
定休日 日・祝祭日
駐車場 あり
アクセス JR草津線 甲西駅下車 徒歩5分
HP:北島酒造




Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

45117